スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

血圧とサプリメント,軽いものも含め、

血圧の問題を抱えている人というのは意外に多く、治療の一環としてや予防として、食事療法とあわせてサプリメントを利用している人も多いようです。高血圧が体に悪影響を及ぼすのはどうしてでしょうか。高血圧とは、血圧計を使って測った時に最高160mmHg以上、最低でも95mmHgある状態のことを指しています。高血圧状態の時は、血液中にコレステロールやインスリンが増加しています。高血圧になると、血管の壁が弱くなっていて裂けてしまったり、血液自体がどろどろなので、粥状のかたまりができて血管内が細くなりやすい、と言われています。高血圧により、血の流れが悪くなって、最終的には完全にふさがって動脈硬化を起こしやすくします。血圧が高いと血管が正常な機能をしなくなり、心筋梗塞や脳卒中などの病気になる可能性が高くなるのです。毎日の適度な運動や、アルコールの制限、煙草を断つことなどが高血圧の改善には効果があります。早寝早起きを心がけ、体にいい栄養素を食事からきちんと食べるようにすることも大事です。普段の食事の栄養バランスを整える為に、サプリメントの利用が役に立ちます。サプリメントを使えば、食事の準備に満足に時間が割けない人でも栄養素を摂取することが可能です。高血圧の改善が期待できるという栄養素は色々なものがあります。コエンザイム、黒酢、キチンキトサン、オリーブオイル、マグネシウムやビタミン、DHA、EPAなどです。各成分によって、どのような方法で血圧を下げるかは違います。血液サラサラ効果がある栄養素、血管拡張効果がある栄養素、コレステロールを下げる栄養素など様々ですので、症状に合うサプリメントを見つけてください。
58,高血圧に役立つ栄養成分をサプリメントで摂取する,高血圧の改善や予防のためには、目的にあった栄養成分をサプリメントなどで摂取することもおすすめです。普段の食事が高血圧には大きく影響します。血圧を下げる食事を意識することも重要ですが、サプリメントで栄養素を補うことも効果的です。今現在は高血圧ではないけれど、ぜひ予防をしたいと感じる人は、DHAやEPAなどの栄養成分が効果的、といわれています。DHAは青魚に多く含まれる必須脂肪酸であり、血液をさらさらにする作用があります。動脈硬化のリスクが気になる人や、高脂血症の対策をしたいという方におすすめの成分です。魚を食べたくないという人は、サプリメントから摂取しましょう。桑の葉に含まれる「GABA」と呼ばれるアミノ酪酸は、血液の上昇を防ぐので、高血圧の人にも効果的です。サプリメントでミネラルを摂取することも血圧には効果的です。ミネラルは食べ物からも取り入れられる成分ですが、食事内容によっては欠乏気味な人もいるようです。血圧のために意識して摂取したい栄養素にマグネシウムがあります。体温を整え、筋肉の緊張を和らげたりすることで血圧を正常値に近づけ、高血圧を予防する効果が期待できます。高くなった血圧を安定させる物質として、イワシに多く含まれるペプチドという栄養成分もあります。イワシペプチドは血圧を変化させる酵素の働きを抑制する効果があるものと言われており、血管の硬さを和らげるなどして高血圧抑制効果がある成分だとされているようです。血圧に作用する栄養成分は数多くあり、サプリメントとして各メーカーから販売されているので、興味のある人は一度探してみるのもおすすめです。

JUGEMテーマ:メタボ



スポンサーサイト