スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

メタボの原因と対策

健康診断の結果、
bmiが25を超えるようになると、
肥満気味と診断されるようになります。

bmiとはボディー・マス・インデックス(体格係数)
のことで、身長と体重の割合から
算出されるもの。


身長に対して体重が多い場合に、
bmiの数値が高くなっていくわけですが、
bmiが高いからと言ってすぐに、
何らかの治療が必要になるわけじゃありません。

ただbmiの怖いところは何と言っても、
自覚症状のないないまま体の内側で、
どんどん深刻な病気を招くリスクが
高くなってしまうこと。

代表的なもので言えば、
高血圧や糖尿病などの
生活習慣病が挙げられます。

高血圧や糖尿病もbmiが高いのと同様、
それ自体が健康に悪影響を与えることはありません。

けれども、血圧・血糖値・bmiの数値が
高い状態が続けば続くほど、
脳卒中、心筋梗塞、動脈破裂など、
命に係わる病気の発症リスクが、
高くなってしまいます。


bmiが高くなるのは主に内臓脂肪の増加が原因ですが、
内臓脂肪はどうやって増えるのかというと、
まずは血液中に含まれる血糖・コレステロールです。

血液中の血糖・コレステロールの数値が高いということは、
糖尿病そのものを意味していますし、
血液の粘度が高くなってドロドロとなり、
血圧も高止まりすることになります。

コレステロールは本来であれば血管を補強する
働きも持っているものの、
コレステロールが増えすぎると逆に、
血管が硬くなりすぎてしまいます。

その結果、強い圧力が加わると血管が壊れ、
動脈破裂につながるわけです。


bmiを下げるにはまずは、内臓脂肪の原料となる
血液中の血糖値・コレステロール値を減らすこと。

そして、血液中の血糖・コレステロールは
どこからやってくるかというと食事に含まれる
糖質や脂質です。


糖質や脂質の食べる量を減らすように
心がけることもbmiを下げるためには大切です。

糖質や脂質は本来であれば、
エネルギーとして活用されるものですから、
身体を動かす量を増やすことで、
糖質や脂質の消費量を増やすことも大切。

できるだけ積極的に運動したほうが良いものの、
どうしても運動する時間が持てなければ、
階段を上り下りする機会を増やすとか、
最寄駅までの往復をちょっと遠回りする程度でも構いません。


日ごろの生活習慣を見直すことで、
bmiを下げることはできるものの、
それ以上に効果的なのが、
糖質や脂質の体への吸収を抑えることです。

糖質や脂質は体内の「酵素」の働きによって分解され、
身体に吸収されやすい状態になります。

ということは酵素の働きを抑えることによって、
糖質や脂質は体に吸収されないまま、
身体の外に流れ出ていくことになります。


糖質や脂質の吸収を抑えることができれば、
ちょっとくらい食べ過ぎたり運動不足でも、
bmiがむやみに上がることはありません。

むしろbmiを下げられる可能性も持っています。





JUGEMテーマ:メタボ



スポンサーサイト